お花業界専門の人材派遣サービス
フラワーシティー連絡先
企業担当者の方はこちら

ブログ

目的別入浴方法をご紹介♪

皆さんこんにちは!
ダイバーシティです。
 
こんなに寒い日が続くと、大浴場のある銭湯や温泉に行きたくなりますね!
(・・・ということで、先日に引き続きお風呂ネタです)
近場で?を楽むことができるので、日本人でよかったな~とシミジミ思います(*´∇`*)
・・・とはいえ、そんなに頻繁に行くことも難しかったりするので、
自宅でできる、目的にあった入浴方法を紹介します♪
 
皆さん、お風呂の温度はどのように設定していますか?

私もそうですが、きっとお風呂の温度を「好き」「嫌い」で決める方が多いのではないかと思います。
自分の体の声をききながら、「今日はリラックスしたい」「今日は疲れを取りたい」など、
24時間&365日頑張ってくれている体を労り、癒してあげる日があってもいいですよね・・・♪
 
 p_sesqui_bath
 
●リラックス(38~39℃)
自律神経のうち、副交感神経を刺激するので、質のいい睡眠に導いてくれます。
昼間の疲れやダメージの回復にも役立ちます。
長時間つかることも出来ますし、お気に入りの入浴剤を入れたり、キャンドルを焚いたりして
リラックスしながら雰囲気を楽しむのもいいですね♪
 
●凝りの改善(39~41℃)
肩こりや腰痛、冷え、浮腫みが気になる方は、20~30分の全身浴がいいそうです。
浮腫み解消に効く効果的な方法。それは、「日本酒」を入れることです?
日本酒には毛穴を広げて老廃物や脂肪を排出しやすくし、代謝を高める働きがあるので、
美肌効果も期待できます^^
 
●疲労回復(42~43℃)
熱めのお風呂に入ると、筋肉中の疲労物質である乳酸が分解され、疲れがとれやすくなります。
また、この温度は交感神経を刺激するので、気分転換をしたい時や、シャッキっとしたい朝にも
オススメ♪
熱いお湯が苦手な方は、足湯が良さそうですね^^
 
なかなか疲れがとれなかったり、眠れなかったりすると、
翌日元気に活動できませんよね。
 
お仕事もプライベートもより楽しめるよう、
皆さんぜひご自身の体調にあわせてお試しくださーいヾ(=^▽^=)ノ
 
お仕事エントリーフォーム ダイバーシティのブログ スタッフブログ